写真・絵画・映画

2013年12月 8日 (日)

カイユボット展・ブリヂストン美術館

Eテレで特集をしていたから書いてみるだけなんです。本当は行きたいのですが、なかなか週末に時間が取れないし、東京で開催なので時間がないし。

ギュスターヴ・カイユボットは印象派の画家となっていますが、あまり絵画はありません。どちらかと言えば印象派画家のコレクターだったのかもしれません。

カイユボットは街中の印象派と言われてて、印象派と言われる人では珍しく、街中の絵をかいています。ブリヂストンで行われている展覧会のメインテーマ「ヨーロッパ橋」もそのような絵画の一つです。

Main

この絵画以外にも検索してもらうと出てくるのですが、目線、意識が交錯していない構図が特徴的です。この辺が特徴なのですが、ある意味で印象派の作品には多く見られる傾向かもしれません。

2013年6月22日 (土)

スターバックスの本

スターバックスの本と勝手に呼んでいるのですが、スターバックスの歴史とか書いてあるわけではありません。「How Starbucks Saved My Life」という小説です。

まだ、数ページしか読んでいないのでストーリーは分かりませんが、裕福なうちに生まれ育ち、広告代理店で役職に昇格したけれどクビになり、スターバックスでバリスタをするという話らしいです。

全米ヒットらしいので、どこかに感動の秘話なんかあったりするんでしょうね。頑張って読破してみます。

Img_0153
Amazonnがあるので、むかしに比べて洋書が安く手に入ります。この本はUSで$15.00なので、むかしだったら2000円近くで、売られるところでしょう。

でも今では約1,250円、円に換算した値段より安くなるのですから、すごいものです。むかしこうやって手に入っていたらなあ・・・

2013年4月13日 (土)

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館は、皇居の周辺、北の丸公園にある美術館で、おもに明治時代以降のコレクションが所蔵されています。これだけ行きやすい場所にあるのに行ったことが無かったんですよ。

Img_0114
ちょうどフランシスベーコン展が開催されていたのですが、あまり興味がなかったので、常設の展示だけを見てきました。絵画の棟と、工芸館というのがあり、どちらも入れて420円です。まあまあ楽しめます。

Img_0116
館内のビデオライブラリーです。ちょっと調子に乗ってエフェクトしてみました!

2012年12月26日 (水)

デジタルカメラを買いました。

週末の日曜日、クリスマスと投稿するのを忘れてました、というよりネタを思いつく余裕がなくて・・・忙しいから!あ、久しぶりに言ってみました!
今週末からは「脱出計画」シリーズがありますので、ぜひブログチェックしてください。海外から投稿します。
それと関係するかもしれないですが、持ち歩き用のコンパクトデジタルカメラを新しく買いました。
今までのはコンパクトの中でも比較的機能が多くて大き目、今のデジカメはだんだん小さくなってきているし、この大きさじゃジョギングに持っていけない。
という事で新しくゲット、大きさ、重さ、お値段ともにかなりのダウンサイジング!でもほんの何年か経つだけで性能は進歩しますね!

Dsc_1005

2012年8月28日 (火)

ソースネクスト 超字幕 「ザ・ターミナル」

ソフトウェアではあまり評判のよくないソースネクスト、確かに。最近スマホ用のメモリークリーナーをダウンロードして大変な目にあって、返金してもらった。
でも英語を勉強している人にとって、この「超字幕」シリーズは値段の割には役に立つものだと思います。
映画としてみればスーパーの平台とかで980円で売っている時もありますけど、このソフトは字幕が英語にできる、リスニングテストが附録についている、多機能商品です。
定価は違うみたいだけど、ダウンロード版で990円、なかなか良いではないですか!

Photo
買ったのは2004年アメリカ映画、「ザ・ターミナル」、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス出演の作品です。
こういうちょっと変わった人を演じるのは、トム・ハンクス上手いですね!
ケネディ空港を舞台に展開されるストーリーだったのでそれも引かれた理由なんですけど、この空港は実際の場所と違います、と思って調べたらセットだそうです!すごい。

2

この画像のようなリスニングゲームがついてるんです。しゃべっている会話のカッコの中を聞き取ってタイピングするというものです。
7割くらいしかわかりません!特にわからないのが前置詞。文法を知らないのもあるけど、実会話では結構適当だし、はっきりとは発音しませんから(言い訳け・・・)

2012年8月11日 (土)

TBS 金曜ドラマ 「黒の女教師」

時々ドラマにはまってしまうことがあるんですよ、今は金曜10時の「黒の女教師」、榮倉奈々のキャラクターが面白いので見ています。
生徒役もよく見ると、結構有名な人たちが出ていますね。

010200302

2012年8月 7日 (火)

ハウステンボス 幻のゴッホ展

昨日はあまり天気が良くない予報だったのですが、はずれて結構良い天気となったので、テレビCMなどでもやっているハウステンボス美術館のゴッホ展を見に行ってきました。

01
ゴッホは37歳で亡くなっていますから、とても短い間に多くの作品を残しています。ひまわりや夜のカフェテラスなど晩年のアルル時代のものが有名です。でもアルルって2~3年なんですよ。
今回の作品はその前のパリ時代と呼ばれる約2年間の作品が中心に展示されていました。
さほど有名ではない作品が多いかもしれません。ただ見た事の無い作品が多く興味深くはありました。グレーのフェルト帽の自画像とか。

03
ハウステンボスには1993年頃から150回以上行っていると思うのですが、約2年前に行って以来ご無沙汰しておりました。園内もずいぶん変わっています。
フリーゾーンと言われる無料で入場できるエリアがあったり、ワンピース中心ですけど子供が退屈しないアトラクションが多くなっています。昔は大人のリゾートみたいでしたけど。

04

陽を浴びながら軽いお昼です。sbarroはアメリカ東海岸に多いような気がします、ニューヨークでもよく見かけます。

2012年6月 7日 (木)

iCarly

まれに聞かれることがあるんです「英語分からなくってもニューヨーク行けるの?」いいえ、大変だと思います普通に考えれば。試験じゃないので間違えてもいいだけです。
僕がいろいろ話して聞かせるので(その時は日本語で)日本語で話しているかのような錯覚に陥るのでしょうか、訳して話しているだけです。英語で説明したら変な人やろう・・・
大学などで英語を専門に勉強した人はうらやましいですね、英語を使うときにはそう思います。それ以外の時は「かわいそう」に思いますが。

これは一つの例ですがNHKで「iCary」とか英語の番組やっていますよね。これを見たり、録画して2~3回字幕付きで見たりすると、何言ってるかわかって来ます。
じゃあTOEICのテストのリスニングはほとんどできるのか?いいえ。大体しかわからないので、大体しかできません。

でも皆さん日本語は隅から隅まで聞いてますか?適当にしか聞いてないでしょう。居酒屋やマックの若い店員なんか何言ってるかわからんし。そう思えば気が楽です。

なんだか今日はダークな雰囲気ですね(と思ったろうヨッシー)

2012年4月17日 (火)

映画でも・・・

だいたいいろんな分野で、どうしてそれが好きなのか?といわれることが多いです。一般的に言えば脈略がないのでしょうが、ただ好きか嫌いかだけで。
Who's your favorite singer and why? なんて聞かれると答えに困るんですよ。その場の空気読まないといけないし、これ言ってもわかんないだろうなあとか。
ということで、適当に今見たいものをYoutubeよりアップ。ひとつめ「男子高校生の日常」です。
これはトレーラーでもないのですが、DVDで見てみたいです・・・結構高いなあ・・・中古ないのか?Amazon物色中です。

ふたつ目、最近ブルックリンにはまっているので、"Brooklyn's Finest"どうして邦題がクロッシングなのかは意味不明です。これはトレーラーみたいですね。

2012年3月 6日 (火)

SEX AND THE CITY - DVD BOX

Candace Bushnell 原作でアメリカのケーブルテレビでヒットした作品、昨年ペーパーバックを買ったのでこのブログにも書きましたよね。
あるときご飯に行ってその話をしていた時、「私持ってる!」 ということで借りてしまいました。
シーズン6まであり、1エピソードDVDが2枚とかあるのですごい数です、全部見ることができるのだろうか。
内容はちょっとだけ教えてもらったのですが、全部がラブストーリーでなく日常生活的な話になってくるらしいです。それも興味ありますね。英語のまま、でも英語字幕で見ています。

Sex_and_the_city

■ ■ ■ ■ ■

フォト
無料ブログはココログ